益城町の3ヶ所の震災遺構(国の天然記念物)を訪ねて


2016年4月14日と16日、2回震度7の地震が益城町を襲った。余震も長い期間続いた。震度1以上は2年間で約4500回を記録した。県下には地震で多くの人が亡くなった。熊本地震で気になったことは、直接死の4倍以上の人が震災関連死であること。市町村の行政の取組みで減らすことが可能であったかと考える。ここは震災遺構の一つで潮井神社である。建物から1mぐらいの近さに神木の大榎があった。神木の真下の地盤で右横ずれ(地面の破壊)を起し神木は倒れた。地表にあらわれた地表地震断層の長さは8m、縦ずれの沈下は70㎝である。


上の写真は神木の根っこがいくつもの石をつかんでいるところである。大きい石は1トンぐらいであろうか。潮井神社の神木と言われるものであるが、3年が経過し木自体がだんだん腐れかけている。折角「震災遺構が国の天然記念物」に認定されたわけで非常に残念なことである。どういう理由で役場は国の天然記念物に申請をだしたのであろうか。行政は政を行ううえで、明確な意思や思想、哲学をもっていないと行うことが右往左往して何をしているか、町民は理解できないものである。神木に三年の間ブルーシートもかけることもなく、「雨ざらし、日ざらし」で国の天然記念物と言えるのか、はなはだ疑問である。


この川は活断層の名前にもなっている、布田川です。源流域は熊本地震で被害が大きかった西原村である。布田川と断層は関係があるのか。今後の調査で関係性がわかるかもしれません。崖をご覧ください。赤土が見えていますが、ASO3の地層で今から約12万年前に噴火した阿蘇火砕流堆積物です。その上にASO4(9万年前)の溶岩が堆積しています。


ここは堂園地区の畑であぜ道がクランクになっているのがよくわかるかと思います。ここは右横ズレがなんと驚く2m50㎝発生したと言われています。ここの近くに3トンの石碑が8mも放物線を描くようにぶっ飛びました。地震の凄まじい破壊力を感じないわけにはいきませんね。この地区の建物の7割は倒壊しました。


この写真は谷川地区のある自宅(現在は益城町所有)の敷地を上空から撮影したものです。この屋敷には、不思議な現象が現れています。ここの敷地内で地面が上がったり下がったりしています。横ずれが2カ所、縦ずれが2カ所確認することができます。赤い点線がVの字なっていますが、Vのところの土地が隆起しました。上の左横ずれ断層のところが約80㎝あがりました。下の右横ずれ断層のところが約40㎝上がりました。同じ敷地内で地表に出た地表地震断層は、国内外でも極めて珍しく貴重な共役断層です。共役断層とは90度程度、断層の向きが逆向きを示すものを言います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です