熊本城の特別公開10月5日から始まる


熊本城は令和1年10月5日から特別公開を始めた。毎日の公開ではなく、基本的に日曜と祝日だけである。令和2年の4月29日から平日も見れる特別見学通路が開通する。初日の5日は世界から多くの観光客が名城、熊本城を見学された。令和3年の春からは、大小天守閣の建物内部に入れるようになる。工事関係者さんの頑張りで少しづつ順調に工事は進んでいる。


熊本城で一番高い、宇土櫓の石垣である。高さは約22mである。熊本城で一番高い石垣が崩落しなかったことは、非常に幸いであった。3年半前の熊本地震では、どんな石垣が崩れ、またどんな石垣が耐えたのであろうか。専門家の見解は出ていないが、地震に強い石垣は、緩やかな勾配で、尚且つ武者返しの石垣が強かったようだ。この宇土櫓の石垣も曲線の武者返しの石垣である。清正公は江戸城の築城にもかかわっている。準備する石に対して「熊本城のようなひかえの短い石ではだめだ、小さくてもいいので長い石を持って来い」と、清正公は築城の名手、石には非常にこだわりがあったようだ。


この石垣は熊本城で有名な大天守の石垣である。この石垣も崩れなかった。スロープに人が確認できるが、すぐ近くから大天守を仰ぎ見ることができるようになった。ボランティアガイドは本丸などに建物の部材等が所狭しと置いてあるので、ガイドする場所を考える必要がある。


大小天守を東の本丸から撮影した。ご覧のように多くの建築資材等がところせましと置かれている(令和1年10月5日)早く本丸から建築資材等がなくなることを祈るばかりである。天守閣は地震に強い建物に少しずつ生まれ変わっている。この何年かは毎年、甚大な災害が日本を襲っている。災害列島の日本では先ずは、建物を丈夫にすることが重要である。では地震に強い建物はどんなものか。建物は上、頭が重たいと地震に弱いようである。大小二つの天守閣の最上階は30%の軽量化に成功している。


ここも、本丸である。建築資材等が多く置かれているので、本丸のスペースが狭くかんじる。左の大木は清正公のお手植えと伝わる大銀杏である。本丸の角々にも多くの地割れが発生した。おそらく本丸周辺は地盤が軟弱かもしれない。軟弱地盤は地震にも弱いと考えられる。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です